上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無限の可能性!

「幾つかメダカを貸してください。」と、久々にFさんの登場。

「貸してじゃ無く、買ってくださいヨ!」

いつもの様に、冗談交じりの会話。

何処から現れたか!Kさんも加わり、何か話が難しい内容に・・・!

何故か話の内容が、メダカの色素に付いて盛り上がり始める。

さすが、メダカ好き人間だけのことはある。

皆さん良く知ってるな~!って感心しますよ。


ところで、メダカの色素って、黒・黄・白・銀(虹色細胞)の4色あるんですってね。

そこで、思いついたのが、4色カートリッジのカラープリンター?

何で?って、4色のインクで全ての色を作り出すんです。

プリンターとは違うとしても、そんな事を想像すると、新色のメダカの出る可能性が無限にあるような気がします。(想像豊かに熱弁振るう、夢見る叔父さん達の会話です。)

誰かに聞いた話ですが、メダカが観賞魚として、人の手により飼育されてきた歴史は、400年にもなるのだとか?

150年前(江戸時代)には、突然変異か何か、黒い色素が抜け落ちた緋メダカが固定されたとか!結構すごいと思います。

緋メダカ作った人、言うなれば、メダカ界のエジソン?

緋メダカの、黄色の色素が欠落したメダカが白めだか。

白い色素が欠落すると、アルビノ?いや違うだろ、メラニン色素は黒い色素の関係で・・・!もう訳分からんわ~!!!

何か、話が尽きそうに無いので、自分は聞き役に専念。

でも、そういった歴史があるおかげで、現在のメダカ飼育に夢があり、楽しいのでしょうね。

この次は、絵の具でも買って来て、どんな色になるか色々試して見ましょうか(^^ゞ


[ 2008/02/22 17:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

はるばる遠い所まで遠征し、メダカ談義が出来るのも年に数回
話したくても、話せないこのもどかしさ。

いつもメダカ談義が出来る田村さんが羨ましいです。
[ 2008/02/22 21:44 ] [ 編集 ]

ここ2~3日温かかったから、ビニールハウス内で、私が無理していないか、様子を伺いに来てくださるんですよ。
昨年の猛暑の時には、幾度と無く心配かけてしまいましたからね。
逆に寒い日は、とっても孤独なんです。
メダカ友達と言っても、私より一回り以上年の離れた先輩の方が多いですけど、本当にありがたいですね。
[ 2008/02/22 22:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/82-be002721