上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルビノに付いて調べてみると!

点目漆黒の近親交配で、子が全てアルビノが生まれたことを、以前お伝えしました。

アルビノに付いて、調べてみると、【アルビノ(albino 羅"albus;白い + ino" 英:albinism)とは、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患、ならびにその症状を伴う個体のことである。】と、出ていました。

アルビノメダカも、メラニン色素がの欠落により、血液で眼が赤くみえます。

アルビノは、メダカに限ったわけではなく、全ての生き物に起こりえる様です。

知人に、鳩(ハト)を飼育している方が居ますが、同じ方法の近親交配により、アルビノ鳩が生まれたそうです。

驚くことに、アヒルの様な、水かきのある鳩まで出てきてしまったそうです。

そんな話を聞くと、多少なりとも恐ろしい!


我が家の、あちこちの水槽から、アルビノメダカが出てきます。

楊貴妃透明鱗からも、出ています。

何年も前、初めて飼育した頂き物のメダカで、何年も交配している水槽があります。

F20?F21?F22なのか?もう分からなくなってしまっていますが、過去この水槽から、アルビノも、特別変わったメダカも、出た事はありません。

でも、思い過ごしかも知れませんが、年々成長が遅くなって来ている様な感じがします。

温かい春がやって来たら、他系統のメダカと、一緒にしてやろうと思います。

メダカ達への影響を考えながら、系統を守りたい。

でも、どうやって・・・?

それを考え、実行することが、ブリーダーに与えられた使命・・・!(^^ゞ

鳩の話を聞いて、今日1日何か落ち着きませんでした。(^^ゞ






[ 2008/02/04 20:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/71-7db7e48d