メダカショップせせらぎがメダカ屋の旗を下ろす時!?

ある大先輩はこう言ってくれた。

「今運送業が成り立っているのも、メダカのお陰と言うことなんだね!!」て



そう、近頃は殆どメダカを販売していない。

それどころか、仕事関係のメダカ好きの人たちに、メダカをプレゼントするためにメダカ作ってるようなものです^^;

まぁ、毎日帰りが夜8時ごろになるし、帰ったら帳簿とかの事務仕事済ませたら、夜中になる毎日です。

まぁ、休日に採卵して、生まれたメダカは嫁任せ(^^ゞ



最近地球の重力に無駄な抵抗しようと頑張っている嫁です

冗談半分で豊胸手術してボヨヨ~~~ンに・・・て言ってた嫁が・・・

今週末、ほんまに、おっぱいにちょとメスを入れることとなりました!!

まぁ、希望の豊胸手術やありませんが

汗を書かない体質のため、胸に老廃物が貯まって固まった、シコリの除去だとか!!

まぁ、悪い病ではなかったのは幸いだが、もうメダカ飼育は頼めないだろうね(^_^;)

そうなると・・・



さて、今後の事は・・・後回しにしてメダカです^^

幹之メダカて、環境省が遺伝子検査して問題なかったそうですが、螺鈿光も遺伝子検査してるんだろうか?

まぁ、そんなことはいいとして、まずは今年の螺鈿光(らでんこう)メダカ^^

白螺鈿光2013年

すでに、我がせせらぎハウスに純系統は居ないため、別品種交配をしたものですが、純系統同様白体色に散らばった螺鈿光特有のラメ状光に縦線状に現れる体内光。。。

まぁ自分は体内光には、あまりこだわっていないのですけど・・・

そして、今シーズンも螺鈿光でヒカリ体型を作ってみました^^

白螺鈿光ヒカリ体型

まだ幼魚なので、白体色でも螺鈿光特有の黒っぽい色素が頭部に・・・

この子は螺鈿光特有の散らばった光が出ていますが、ヒカリ体型にしたものは、歳とって光が繋がったら、たぶん幹之(みゆき)と区別がつきません(-_-)

ただ言える事は、螺鈿光をヒカリ体型にしても、普通種と同じくオスにはほとんど光が出ないことと、メスでも唇近くまで光が出ることはありません。



んで、最近やけにヒカリ体型て言う言葉使ってますけど、以前ヒカリメダカて言ってましたよねぇ!!

本来ヒカリメダカは、体型だけじゃなくて、頭や背中、胴体からヒレの輪郭に添って光が出てたのが普通でした。

近年では透明鱗メダカやパンダメダカ等の交配が進み、ヒカリメダカ特有の、背中やヒレに光が出にくい個体も多くなり、厳しいお客様だと「光が出てない!!」て、お叱りを受けることも想定しなくてはいけません。

ヒカリ体型て言えば、なんだか好都合みたいな・・・



次の写真は、何故か幹之から生まれた個体(=_=)

幹之から生まれた螺鈿光?

掬ってすぐに撮影したので、紫っぽい体色に金色の螺鈿光みたいな光!!?

多少時間が過ぎて、保護色で体色に変化が出たけど・・・

幹之から生まれた螺鈿光?(パープル)


ぶっちゃけ、幹之メダカからこんな散らばった光、たまに出ます。

反対に、螺鈿光から真っすぐな光の奴も出てきます。

螺鈿光☓幹之=F1で光がでます。

さて、皆はどう思うかな(・・?


本日ラストのメダカは・・・

フラッシュ撮影角度で綺麗?幹之ヒカリ体型・・・( ̄ー ̄?)・・・

幹之ヒカリ体型光無しNo2


幹之げっこうメダカて名で売るかのぉ!!


やっぱメダカ屋さんには、メダカの名称とニックネームを、お客様によく判るよう、ちゃんと説明を求む!!



ニックネームは各店舗それぞれ違っていても、メダカの正式名称決まってっから(・。・;




んで、今日のタイトルですが、メダカ飼育もままらなない今日この頃。

嫁さんのこともあるし、メダカ屋と言う立場から解放された暁には・・・

暁には・・・・・何かが起こる( ̄十 ̄)アーメン・・・


幹之から生まれた黒い個体



秋季メダカ品評会も近づいてきました。

さて、せせらぎに物申したい人、質問したい人、会場にせせらぎがいたら、お気軽に声をかけてください。

なんでも正直にお答えしますので、皆に迷惑がかからないようにお話しましょうねぇ。。。







[ 2013/08/25 04:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/563-51d11519