急激な気温の変化。(追記、営業再開^^)

まだ8月ですが、急に秋がやって来たような変な気候です(@_@;)

昨日のニュースで見ましたが、特に関東地方を中心に午後から急激に気温が低くなったようですね!!

何でもすぐにメダカと関連付けてしまいますが、この様な天候はメダカ飼育にも影響があるのでは・・・等と心配をしておりましたが、本日いくつかご相談を頂きましたので・・・

このような異常気象による急激な水温変化で、メダカも風邪をひくことがありますのでご注意ください。

急激な温度変化によりメダカが風邪で体調不良になった場合、風邪(ウイルス性)を治す薬はございませんが、体力が落ちたメダカの細菌性病原菌による2次感染を防ぐために、被害が拡大しないよう投薬や祖塩等で予防してください。

餌は極力たんぱく質を抑えた消化のいいものを与え(与える餌の量を減らす等)、メダカにストレスを与えないよう注意し、諦めずメダカの自然治癒力に期待しましょう(^O^)/








本日、またまたしつこく、幹之(みゆき)と、螺鈿光(らでんこう)のヒカリ体系のメダカの写真を上見で検証してみました^^

本来、純粋な螺鈿光は白体色普通体型(ダルマ遺伝子有)ですが、ここで紹介する螺鈿光は異種交配により螺鈿の光が遺伝した系統のメダカを使用していますm(__)m

まずは、自慢の青幹之ヒカリメダカです~<(`^´)>
青幹之ヒカリダルマ(黒容器)No1

もう既にご存じの皆様からは・・・

「またか~!!」と言われそうですけど

頭部から強烈な光が出てくる、自慢のメダカです~(///∇//)


一方、こちらは光が出始めたばかりの青螺鈿光ヒカリ体系です!!
青螺鈿ヒカリ体型

一般的に光が出始めるまで、幹之以上に時間がかかるものが多いですが、普通体型の螺鈿光と同様、背中からポツポツと光が出てきます。

ヒカリメダカ本来の光と混じり合い、若い月年齢ではあまりパッとしない感じがします^^;


次は白体系で比較してみましょう^^

白幹之ヒカリ体型

うぅ~ぃぃ~~~((o(*^^*)o))

こちらも自慢したいメダカ、白幹之ヒカリメダカです~<(`^´)>

青体色の幹之ヒカリメダカと同様、頭部から光が出始めるものが多く、元祖鉄仮面にもっとも近づけるメダカができる系統ではないかと、自分では思っていますが・・・

そして、最後に白螺鈿光ヒカリメダカです^^
白螺鈿光ヒカリ体型(上見)

一見上見だと、透明鱗のようにも見えますが・・・

このヒカリ体系の螺鈿光も、普通体系螺鈿光と同様、背中からポチポチと光が出てきます!!

将来このポチポチの光が広がり、スーパー螺鈿光となることを期待できる個体かな~(・・?

なんか・・・貴重な個体になりそうな予感・・・o(;-_-;)o


と、言うことで・・・

苦労して・・・

研究した・・・

結果どぇ~~す



かっこいい言葉を使いきれなかった・・・
小心者のわたくしを、許してね~(|||▽||| )





次回、師国連合支部展示会の様子や、自慢の珍透明鱗(紅白更紗系)と、その他の紅白?更紗系と比較予定!!

〔都合により、予定変更の可能性有ります


追記
すっかり忘れておりました~
【メダカショップ・せせらぎ】営業再開しました(^O^)/
内容は、相変わらず完売です~


[ 2011/08/20 19:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/443-10c98d4e