上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妻の疾病!【追記有・新しいお友達^^】

いつもはカミさんと呼んでいる妻ですが、5月4日深夜突然左肩の激痛に襲われました。

4~5年置きに再発する持病の、肩関節の石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)と言う肩関節に石灰が溜まり、炎症をおこし激痛を伴うものです。

こうなると、腕を動かす事も出来ず、洗濯や掃除、料理等も全くできません。

5月5日は子供の日、当番医院を探し妻を連れていきました。

その日の当番医は、色んなところから評判のよくない事を聞いている病院で、ちゃんと治療をしてくれるのか、心配でたまりません。

実は以前、幾つかの整形外科にかかった結果、ちゃんと治療をしてくれない病院も多く、妻は長期に及ぶ激痛とつきあわされた事があり心配していました。

そして、その当番医院の診察結果はメチャクチャ!!

4時間も待たされて~!

肩が痛いと言っているのに、何故か首のレントゲンを4枚と肩は3枚、計7枚ものレントゲン写真を撮影し、痛みは首が原因だから、数か月毎日治療に来いと、首の牽引をはじめ、本来だと冷やさなくてはならない炎症を起こしている肩を温めだしました。

苦しむ嫁さんを見ていることも出来ず、明らかな患者の引き延ばし作戦にとうとう私の堪忍袋の緒が切れました。

「やめろや!すぐに機械を外せ~や!!肩が悪化するだけじゃ!!」

医者「石灰が元で痛みが出ることは無い!!首の骨がずれているからだ!!素人が勝手な事を言うな!!」


私は「左肩のレントゲンには明らかに石灰沈着がみえるじゃないか、治療方法はステロイドを直接注射し、処方は石灰を溶かす効果があると言われているガスターと言う名の胃薬じゃ!!そんな事も知らないのか??いい加減にしろや~!!それとも何か別の意図があるんか??」と、ほぼ怒鳴り声で抗議!!

大きな声が病院内を響き渡ったことでしょう。

私の体は怒りに震えていたが、待合室の中はし~んと静まり帰っておりました^^;

最後に看護師さんが「すみません、言われる通り注射を打てば良くなるんですが、この病院の方針で・・・!」

全く患者の痛みをわからないこんな病院が、当番医制の中に入っていることが理解できない。





その後、他の整形外科を探し、注射をしてもらい、幾分楽になったのもつかの間、数時間後またまた激痛が・・・

レントゲン写真で見ると、肩周辺と関節の中に石灰の固まりが数か所出来ており、かなりの大きさで簡単にはなおりそうにない予感が・・・

今日も早1番にかかりつけの整形に、嫁さんを連れて行ってきます。

その様な事で、しばらくメダカの販売はお休みさせていただきますm(__)m



独り言
カミさんが動けないのは大変だけど、今は何を言っても叱られない!!
肩が痛くて夫婦喧嘩する元気もなければ、家出する元気もない!!
ある意味天国((((((( ‥)ノ





珍透明鱗のF2から、白用器で撮影^^

珍透明燐F2(白容器)

これだと赤く見えますが・・・

お次は黒容器!

珍透明燐F2(黒容器)

黒容器だと、琥珀に見えます!

最後にボケボケの横見画像で・・・^^;

珍透明燐f2(横見セルフィン)

セルフィンでした~((^┰^))ゞ



追記
前々からお知り合いでしたが、思い切ってリンクのお願いをさせて頂きました。
OKいただきました~\(^o^)/
優しさが伝わってくる、私のお気に入りブログ!!
ピースピンクさんの【風と水、花と木】で癒されてくださいませ~(*^_^*)




[ 2011/05/09 02:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/416-d22e3abc