上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

点目メダカの謎。

こんにちは。

実は、以前お話したことで、点目は、初産の卵から生まれる確立が良いとご紹介した事がありますが、この事を否定する様な事が起きてしまいましたので、ご報告します。

実は、1月以上産卵が止まっていた点目漆黒メダカ(体長5cm以上のLLサイズ)水槽にヒーターを投入し、再産卵させたところ、最初1週間産卵させた子に、約15%の確立で、点目のメダカが生まれていることを、確認しました。

どう言うことかと言いますと、点目メダカは、若い初産の卵に強く遺伝が出るだけでなく、1度産卵をやめた、もしくは人工的に産卵させない様にして、しばらくおいて、再度産卵させると、初産の時と条件が同じになるのではないでしょうか???

単なる偶然かもしれませんので、現在数種類の別の点目メダカで実験しています。

結果が出ましたらご報告しますが、もしそうであれば、初産で一日2~3個しか生まないメダカより大きく成長して、一日20~30個卵を産ませた方が、点目も沢山出来るのでは?等と、欲をもってしまいます。

しかし、今年生まれた点目漆黒メダカから点目が多く生まれたのは、初産から1ヶ月まで、その後突然点目の生まれる確立の低下、寒くなって休産。
休産明けの1週の子に再び点目の出現と言う事実に、頭の中は、点目メダカに対する謎が今まで以上に大きくなってしまいました。

考えれば、考えるほど、眠れそうにありませんが、自分なりに、追求して行こうと考えてます。


[ 2007/12/06 00:41 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/40-5c0f21ce