上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なぜネット通販を始めたのか。

某メダカネット通販店(既に閉じられています。)の専属ブリーダーから始め、メダカのネット販売を始め5年以上。

本来の仕事は運送業であり、メダカは単なる趣味にすぎなかった。

5~6年前のメダカの価格は現在の数倍。

その金額に驚いた某メダカ通販店の管理人から「私がホームページを作るから、メダカを販売しましょう。」と話を持ちかけられた。

当時パソコン等まったく触ったこともない私は、売上金を折半と言う約束で合意。

運送業をしながら、メダカのネット通販をすることとなった。

ある日メダカの選別に集中しすぎ、運送の仕事に遅れてしまったことで、運送店を経営する父親から解雇宣告。

メダカを生活の糧にしなくてはいけなくなった。

しかし、メダカの販売は思うように伸びない。

そしてある日、某メダカ通販店の管理人から「良い儲け話があるから、セミナーに参加してください。」と半ば強引に私をセミナーに連れて行った。

「良い儲け話!」と聞けば、だいたいの予想はついた。

そして予想通りであったセミナーに参加後、当時の関係上断れるはずはなく、お金を捨てるつもりで会員になった。

ちなみにその儲け話とは、ナットワークビジネスと言う、マルチ型商法のこと。

私はそのような仕事は好きではなく、たとえ自分が会員になったとしても、人を勧誘する気はさらさらない。

それからしばらくして、パソコンを触った事のない私に「メダカブログを書いてください。」とブログを書かされる事となった。

当時、パソコンを触れない私には大変な作業だった。

4~5日更新しなければ「出来るだけ更新して下さいよ~!」と連絡が来る。

何度も言うが、メダカの売上金は折半である。




そんな事もあり、2007年9月に自ら【メダカショップ・せせらぎ】を立ち上げた。

宣伝広告費は〇円。

軽く見られた様な悔しさからホームページを立ち上げただけで、儲けたいと言う気は全く無かった。

開設当時のアクセス数は1日僅か10~20人程度だった。

しかし、ありがたい事にブログを通じて知り合った方々に取り上げて頂き、アクセス数と共に売上は急上昇。

それからは、我武者羅にメダカに専念した。

信用を得ると言うプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、真夏50℃にもなるビニールハウス内で汗を流した。

小さなメダカの選別に眼を酷使し、視力は著しく低下し、今では酷い乱視になってしまった。

お客様の様々な要望には、出来るだけ誠心誠意を尽くして対応してきたつもりだ。

メダカ販売店としては、ある程度の信頼は得ることができた。




私が運送をしなくなって父親はいっきに歳をとり、私は昨年から運送業とメダカ通販を兼務することにした。

父が経営する運送店に比べ、メダカ販売業は何倍もの労力と気力を必要とする。

私が運送業に専念していた頃、生活は安定し、年数回の家族旅行も楽しんでいた。

人並みの贅沢は出来ていた。

メダカが儲からないと言う訳ではないが、運送との差は歴然としていた。

休日らしい休日も無く、家族との時間も著しく少なくなった。

記事に家族の話題が多いのは、そのせいかも知れない。





喜ばしい事に、メダカを通じて老若男女を問わず、大切な友人が沢山出来た。

しかし残念なことに、そのまた逆もある。

昨夜11時過ぎ、突発で運送の依頼があり、今朝8時ごろ疲れて帰宅し、メダカに餌やりを済ませ、寝床に入った。

寝付いたと同時に電話が鳴った。

電話に出れなかった。

それから30分後、同じ人から再び電話が鳴った。

眠い目をこすりながら電話に出た。

以前、何度かメダカを購入してもらったことがある方だが、前から電話だけはよくかかってくる。

表面上メダカを販売している私にとっては、あまり気持ちの良い話では無かった。

「要らないメダカ、売れ残ったメダカがあれば、贈ってもらえんですか~!」と、なんとも軽い口調で・・・




昨年から運送とメダカ販売の両立を再開し、時間にますます余裕がなくなったしまった。

そんな中昨年、ある一人物と知りあった事が原因で、仕事に大変大きな支障をきたした。

その人物が、昨年春に初めてメダカの注文をしてきたが、その注文内容を見て頭を抱えた。

あまりにも多い種類のメダカの注文だったため、種類別に梱包すると4箱にもなり、そのまま送ると手間暇だけがかかり赤字になる。

同県であったため、直接メダカを届けたのが災いした。

それ以来、毎日送りつけられてくる読むだけでも面倒な長文メールに対し、深夜にまで及ぶ対応は仕事の域を超えていた。

そして随分と迷惑をかけられ、嫌な思いをさせられ、無駄な時間を費やしてしまったあげくの果てに逆切れされ、こともあろうか営業妨害・・・



この様なストレスから解放されたいと思うのは、当然のことなのだろうか。



つづく


紅白


どうかな~?

ちった~小説っぽく書けたかな~゚◇゚)?

ええ~!

ただの愚痴にしか聞こえませんか~σ( ̄、 ̄=)





[ 2011/03/04 18:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/399-9b932012