鹿児島県行って来ました。

先週土曜日の朝のことです。

せせらぎ運送と契約している会社の部長さんが、親父を差し置いて直接私に仕事依頼の電話がかかりました。

突発とは言へ、当然お断り出来るはずもなく、急いでメダカを済ませ荷物を積みに・・・!

行先は鹿児島県霧島市の妙見温泉!!

社員さんが工事のため出張されているとのことですが、工事用部品が足りなくなったので、至急持ってきてくださいとのことでしたが、なかなか荷物が揃わず出発が昼過ぎになってしまいました。

急いで届けなくてはと思い、食事も休憩もとらず目的地へ直行。

夜7時過ぎ、ようやく目的地に到着して荷物を渡した後でした。

出張中の社員さんから「せせらぎさん、疲れたでしょう!食事と一部屋とってるんで一晩泊って帰ってくださいよ!」と、何ともありがたいお言葉\(^o^)/

まさか温泉にタダで泊れるなんて・・・!!とお言葉に甘えてから、妙な旅に代わっていったのです。

ちなみに泊らせてもらった温泉宿はきらく温泉(宣伝してくださいと言われたので(^^ゞ)

お世辞にも豪華とは言えない宿ではありますが、お風呂(特に露天風呂)は最高でした。

とりあえず食事をすませ露天風呂に行きましたが、誰もいなくて貸切状態!(^^)!

のんびりと湯船につかりたかったのですが、裏山の方からカサカサと物音が聞こえてくる??

「なんか知らんが気味が悪~い!」

寒気がしたので急いで部屋に戻り早めに就寝。

早朝6時に起床し、「もう1回露天風呂に入って早く帰ろう。メダカも心配だし・・・!」と露天風呂に行き足を入れたとたんに「アジ~!!!熱いなんてもんじゃない!!!」

すると宿の店主がやってきて「スミマセン!地下水を汲み上げるポンプが故障しまして・・・!」

聞くところによると、源泉が60度以上あり地下水を混ぜて人が入浴できるようになっているそうなんです。

半火傷した感じの足・・・!

店主が気の毒に思ったのか、「せっかくだから、私の1番のお勧めの温泉に寄って帰られては・・・!帰り道の途中ですし、日曜日でも今から行けばこの時間だったら人も少ないはずですよ!」と、ある温泉を教えてくれました。

メダカが心配だけど、せっかくだからチョッとだけ入って帰ろうと車を走らせました。

目的地付近が近くなると、あちらこちらで湯けむりが上がっていて、幾つか写真を撮りました。

HIMG0036.jpg

↑温泉の流れる川です。

↓そして、その上流付近です。

HIMG0033.jpg

それから数分後、教えてもらった温泉に到着。

その温泉が霧島新燃壮

とてつもなく硫黄の匂いが立ち込めていました。

そして、この温泉に入るための注意点が幾つか書かれていました。

中には【硫黄成分が強いので、15分以上入浴しないでください。】と言った内容が・・・!

本来そこまで温泉が好きな訳でもなく、「きつい匂いだな~!」と思いながらも入浴料500円を払って更衣室から露天風呂へと行きました。

きらく温泉の店主の言った通り、まだ誰もいない貸切です!(^^)!

硫黄の匂いにむせそうになりながら10分程度過ぎたでしょうか、いささか体が辛くなり上がろうとした時でした。

ガヤガヤと、女性の声が近づいてくるではありませんか(?_?)

そうなんです。ここの温泉の露天風呂は混浴だったんです!!!(ここで羨まし~!と思った男性の方、とんでもない間違いですよ~!)

そんな事とは知らず、私は既に注意書きの時間が過ぎようとしていたんです。

案の定、中年らしき2人の女性がバスタオルを巻いてやってきて、私を見るなり「おはようございます!」とお風呂に入って来ました!!

「あっ、おはようございます~!」と答えたものの、自分は小さなタオルだけでバスタオルなんか持っていません。

出るに出れないのです(T_T)

硫黄の成分のため、温泉の湯は白くて立ち上がらない限り大丈夫なのですが、体も苦しくなり意識までもがボーッとなってきました。

頭から滴り落ちる汗、そんな私を察してくれたのか、一人の方が「私達よそ向いてますから・・・!」と背中を向けてくれたんです。

更衣室に駆け込み、服を着たまでは良かったのですが、しばらく動く元気も無くなってしまいました。

結局、駐車場に止めた車の中で昼まで休み、我が家に帰ったのは既に夜でした(@_@;)

今日も1日体が重いです~!



[ 2010/02/08 17:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

お疲れさまでした。
いろいろと良かったのか悪かったのか、大変でしたね。
露天風呂ってほんとに気持ちがいいですよね。
貸切だとなおさらだと思います。
そこまでだとよかったのに、その後の展開がお気の毒に思いました。
でもまあ、いい思い出になったのではないでしょうか。
[ 2010/02/09 11:18 ] [ 編集 ]

sunnylakeさんへ。

一言で温泉と言へど、泉質によって体に良い温泉もあれば、危険な温泉もあるそうなんです。
思ってもみなかった出来事で、硫黄の花が咲いている温泉に長湯してしまいました。
体も辛かったですが、とにかく恥ずかしくて・・・!
最近、仕事に行った先で遊んでばかりいた罰があたったみたいです(>_<)
これからは、少し自粛します。
それでも、良い思い出になりましたよ。
[ 2010/02/09 16:58 ] [ 編集 ]

たぶんコメは初めてです

この前テレビで混浴の特集みたいなのやってましたが、
男性のほうが恥ずかしいと言ってましたがそのとおりですね。僕も恥ずかしいと思います!

やけど大丈夫ですか?

[ 2010/02/11 22:52 ] [ 編集 ]

ニルヴァーシュさんへ。

こんにちは。コメントありがとうございます。
いつもニルヴァーシュさんのブログを拝見させていただいております(^.^)

混浴と知らなかったこともあり、突然の出来事に焦ってしまいました。
間違えて女風呂に入ってしまったのか?と思いましたよ~!
とにかく恥かしと言うか気まずいと言うか、おかげで湯当たりしてしまいました。

足は、なんとか無事です(*^_^*)
[ 2010/02/12 10:16 ] [ 編集 ]

はじめまして!

これは、ワクワク、ヒヤヒヤでしたね!
文章を拝見し、一人で盛り上がってしまいました!
しかし、恥ずかしい気持ちを見透かされるのは辛いですね。(笑)
[ 2010/02/13 07:01 ] [ 編集 ]

くびっちさんへ。

この温泉を教えてもらったまでは良かったのに、混浴とまで聞いてなかったんです。
心の準備も、バスタオルの準備も出来てませんでしたからね~!焦りましたよ~!
でも混浴って聞いてたら、入る勇気はなかったと思います。(^^ゞ
[ 2010/02/13 10:39 ] [ 編集 ]

混浴といえば、普通は女性の方が、恥ずかしがるものと尾見ますが、逆転現象でしたね^^何事も苦労があるものですねー!硫黄温泉はあまりありませんですが、体には良いそうですね。。
[ 2010/02/17 22:47 ] [ 編集 ]

荒野鷹虎さんへ。

混浴風呂に入るには、混浴と知った上で心構えをして入らないと・・・!
何も知らなかった自分は、最初は間違えて女湯に入ってたのか?と勘違いしましたよ(^^ゞ
硫黄自体は毒ですが、硫黄温泉は免疫力を増進させる効果があるそうですね。
私が入った硫黄風呂、人間が入れるギリギリの硫黄濃度の温泉だと人から聞きましたが・・・ホントかな~!
[ 2010/02/18 11:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/294-da9d7727