アルビノ透明鱗。

暑さも少し和らいできた感の広島地方です。

冬越しの事を考えると、常温飼育での採卵は何時頃までにしようか?なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

さて、遅ればせながらですが、アルビノ透明鱗が出来上がりました。

アルビノ透明鱗

もう、何年も前から存在しているメダカですが、我が家でもようやく出来た~って感じです!

2~3年前、アルビノ×透明鱗を交配し、F2(孫)で生まれてくる予定でしたが、何故かF3・F4・・・と、幾度となく交配を重ねてきましたが、全く出てきませんでした。

出来なかったら、買って増やせば良いじゃないか!と言う人もいましたが、どうしても自分で作りたいと言った思い(実はケチ!)がありまして、今更ながらブログネタとした訳です~(^^ゞ

今年の春メダカ友達のSさんが、我が家の透明鱗水槽の中から、1匹のアルビノ透明鱗(片ホホ)を発見・・・!

片ホホでも、1匹のアルビノ透明鱗がいれば後は簡単!

アルビノヒカリと交配し、一応全体系のアルビノ透明鱗が生まれました!(^^)!

アルビノ透明鱗ヒカリ

アルビノにしては生存率も良く、今後は透明鱗の遺伝率を上げる交配をしたいと思ってます。



余談ですが、こんなのがいました。

DSC00051.jpg

羽化したてのトンボです。

野外飼育では珍しくありませんが、どれくらいのメダカが犠牲になったのか・・・!

憎らしくも、見入ってしまいました(^^ゞ


[ 2009/09/09 17:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ご無沙汰しています。
アルビノ透明鱗 綺麗なメダカですね~。
我が家も昨年購入させて頂いた点目漆黒系全種作出セットから誕生した点目同士の交配からアルビノが誕生し驚いています。
個人的には白系のアルビノヒカリ透明鱗に興味津々、今後も注目させて頂きます。
[ 2009/09/09 21:55 ] [ 編集 ]

フッシーさんへ。

実際にアルビノ透明鱗を見て「綺麗なメダカだな~!」と感じました。
意地になって自分で作った分、特にそう思うのかもしれませんね(^^ゞ
これからアルビノ透明鱗同士の交配が出来るので、楽しみです。
そして、我が家の点目系(特に漆黒系)から、何故かアルビノがよく生まれてくるんです。
過去アルビノと交配した事もないのですが、以前点目漆黒メダカ同士の交配で、ほぼアルビノが生まれたこともあります。
メンデルの法則に反していることも多くて、メダカ飼育の奥深さを痛感しています。
[ 2009/09/09 23:01 ] [ 編集 ]

とっても綺麗な色のメダカですね。
淡くて透明なピンク色が頭の方からしっぽにかけてグラデーションになっているんですね。
メダカとは思えないほど美しいです。
トンボはメダカの敵なんですか?
[ 2009/09/10 12:13 ] [ 編集 ]

sunnylakeさんへ。

メラニン色素の欠乏したアルビノと、透明鱗(とうめいりん)別名スケルトンの合体メダカです。
作りだすまで時間はかかりましたが、とても奇麗なメダカですよ。
それからトンボ!
トンボの幼虫、ヤゴにとってメダカはごちそうです!
きっと沢山のメダカが犠牲になったことでしょう^^;
[ 2009/09/10 13:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/267-7a3bfe1e