日照不足?

今日から9月、昼間の気温は高めですが、カラッとした空気で過ごしやすくなりました。

子供達も夏休みが終わり、息子は中学校へ、娘は泣く泣く幼稚園に行きました。



今年生まれたメダカ達ですが、全体的に体色の出が遅れています。

ダルマの出も、例年と比べると少ない様な気もします。

ほとんど夏らしい夏が無かった今シーズン、日照不足が影響してるのでしょうか?

自分自身、納得の出来るメダカが少ない結果となりつつあります(>_<)

これから、だんだんと紫外線も弱くなってきます。

残り少ないメダカシーズン、天候に恵まれることを願いたいものです。



話は大きく変わりますが、我が家の近くの川に、【すっぽん】が生息しています。

噛みついたら、雷が鳴るまで離さないと言われるすっぽんです。

先日、釣りの大好きな叔父に話すと、早速すっぽん釣りの仕掛けを作り、すっぽん釣りに付き合わされる羽目になりました。

毎日夕暮れになると叔父がやって来て、川の中に仕掛けを投入して帰ります。

大変なのは、真夜中に仕掛けを上げに行かなくてはいけないことで、しかも叔父さんは夜中に来る事はなく、私と甥っ子の良太君で仕掛けを上げに行っています。

もう1週間続けたでしょうか、すっぽんが釣れたのは1匹だけ!

あとは普通のカメが10匹以上と、50cmもあるナマズ!!!

すっぽんを見たのは初めて。

巨大ナマズも初めて!

慣れるとどうってこと無いんでしょうが、とにかく気持ちが悪いんですよ~!

当然、触ることも出来ず、すっぽん以外は全部糸を切って逃がしましたよ。

そして、我が家に持ち帰った1匹のすっぽん。

これどうすれば良いんでしょう!!



[ 2009/09/01 19:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

スッポンも巨大なまずもイヤですね~。
でもそういうのが生息しているというのは、すごい川ですね。
スッポンは叔父さんに引渡しされるといいのでは、と思います。
叔父さんはそれを召し上がるのでしょうか。。
[ 2009/09/02 15:31 ] [ 編集 ]

sunnylakeさんへ。

釣り上げたすっぽん、実に2、5kgもあるんです。
叔父さんは釣ることだけ好きみたいで、「ペットにしろや~!食ったら上手いぞ~!」なんて言っていますが、正直困っています。
料理どころか、触ることも出来ないので、そのうち川に返そうと思ってます。
[ 2009/09/02 19:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/266-5fda0d4a