今年の産卵傾向

メダカショップせせらぎ田村です。

今シーズンは、「例年と違い、卵の採取が思いどうりに出来なかった。」と言われる方が多い様です。

めだか愛好家達の多くが、露明け迄は、例年通り産卵し、8月頃から産卵率が低下、種類によっては、そのまま休産、現在も産卵傾向無し、と言う事です。

毎年、夏に水温が高くなりすぎて、産卵率は低下しますが、今年は、残暑が厳しく、秋が来ないうちに、日照時間が短くなって来ました。

自然環境が、大きく影響している様です。
[ 2007/09/24 19:44 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/2-b36a3f7b