成功例より多い失敗例!

5月18日のブログで紹介したチョキメダカ!

その後順調に産卵、F1が孵り、F2も孵り、現在F2の産卵待ち!

F1とF2合わせて約300匹中、チョキメダカの遺伝は1匹も無しです。(T_T)

やはりチョキメダカは遺伝しないのでしょうか、尾びれがチョキっぽいメダカすら出てません。

遺伝率を上げるどころの話じゃありませんね。

1匹も出ないんですから・・・(T_T)

おまけにセルフィンも無く、ただの青系ヒカリが増えただけ・・・と思ってましたが、天の救いか偶然か、点目(片目)が1匹出てまして、現在透明燐セルフィン(セルトン)と交配中です。

何故かセルトン系メダカと別のメダカを交配すると、F1でも直ぐにセルフィンが出て来る確率が高いため、少し欲出しました。(^^ゞ
点目の遺伝子も入ってるので・・・!

ちなみに、想定外の水槽から出て来たセルフィンから、セルフィンの出る確率は非常に低いようで、やはり、セルフィンから生まれたセルフィンの交配を続ける事は、大切ですね。

チョキメダカも普通に考えると、そうあって欲しいのですが、セルフィンとはまったく異なり単なる突然変異でしかないのでしょうか?



もう一つ、楊貴妃×猩猩緋のF1の体色に付いてですが、これもまた微妙です。

朱赤系体色ですが、体色の出が今ひとつです。

F2を見てみないと何とも言えませんが、選別漏れメダカになってしまいそうな感じです。

失敗例ばかりのお話で恐縮ですが、メダカ交配は、成功よりも失敗に終わるケースが多い現実。

なかなか、思い通りには行かないものですね~!!

とは言え、交配中の過程で生まれて来るダルマメダカや、ヒカリダルマ等には思わずニタ~!と、しています。

自分独自の発想から、胸を張ってメダカを紹介できる日が来る事を目標に、後半も交配を頑張ります。(*^^)v


[ 2008/08/11 22:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

こんばんは~。
確かに予想もしていないところで生まれて来るダルマメダカやヒカリダルマ等には思わずニタ~!ですよね。
我が家も卵で譲って頂いた黄金セルフィンの稚魚にダルマ&半ダルマが10匹余り出ています。
勿論、セルフィンも出ていますよ~今日、確認したところ8匹出ていました。
[ 2008/08/14 20:27 ] [ 編集 ]

フッシーさんへ。

ご報告ありがとうございます。
ダルマと半ダルマ、セルフィンも出てくれて嬉しいです。
ダルマの遺伝子があれば、ダルマが出て当然なのですが、何だか得した気分になりますよね。(笑)

シーズン後半で、目指すメダカが出て来てくれるといいですね。

[ 2008/08/15 18:58 ] [ 編集 ]

こんばんは!私も、自慢じゃ有りませんが、狙った獲物を“外す腕”には自信があります(泣) まっ!慌てずにじっくりやって行こうと思っています。
我が家でも朱赤系交配試してみようっと(笑)
[ 2008/08/15 21:29 ] [ 編集 ]

らんまるさんへ。

異種交配しても、予想通り行かないものですね。
私の場合、もしかすると!何て甘い期待を持ちながら、他系統の朱赤を交配、逆に体色が落ちました。(>_<)
しかし、何事も試して見なくては・・・ですよね!
[ 2008/08/15 22:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seseragimedaka.blog119.fc2.com/tb.php/146-4f30ae42