遺伝しないか?下セルフィン!

どれくらい採卵したでしょうか、透明燐下セルフィン×透明燐セルフィン!!

セルフィンが出てはいるものの、いくら確認しても下セルフィンになった子が見当たりません。

やはり、遺伝させるのが難しいのでしょうか、それともF2に期待した方がいいのでしょうか?

または、別のメダカと交配してみようか?

考えすぎると、眠れません。(>_<)

私の睡眠を妨げる、透明燐下セルフィンです。

透明燐下セルフィン


尾鰭が、少しチョキになってますが、どうして上もセルフィンになって無かったのかと、最近恨めしく思い始めました。(/_;)

下セルフィン、見つけたときは、大騒ぎ!!!

別の子と交配してみようかな~!

たとえば、○×△メダカとか?


[ 2008/06/28 19:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

6月のメダカ飼育。

6月も末、何故かとても忙しいです。

気付くと、5日もブログ更新してませんでした。(^^ゞ

6月は、メダカが良く産卵し、本格的なメダカ飼育の時期です。

しかし梅雨でもあり、数日天候が良くないと、病気になったり産卵が止まってしまったりと、悩む事も多い時期でもあります。

天候が不安定なせいか、水質も不安定になりがちな時期、早めの水換えに勤めましょう。


本日、点目漆黒系メダカの稚魚水槽2つをチェック!

水面あたりを、弱々しく泳ぐ小さな黒いメダカ。

その小さな黒い固体に触れない様、大きくなった稚魚を掬って行きます。

慎重に、慎重に、先に大きくなったメダカを掬う、手間のかかる作業です。

それが点目メダカの生存率を良くするコツ・・・???

いや!何か変です。

良く見ると、掬い取った稚魚の半分が・・・何と点目です。(@_@)

しかも動きが凄く機敏!!

まるで、目が見えてる様な(多分見えてます。)俊敏な泳ぎです。

殆ど薄黒・・・でもいいか!点目だから!

思い出しました。

毎年6月、どれかの水槽に点目が突然まとめて出てくれます。

調子に乗りすぎていると、何時か点目に見放される時が来るのではと、いつも心配してますが、今年も出て来てくれて、一安心です。

しかし、どうしようかな?

点目薄黒の、特価販売でもしようかな?

それとも・・・・???




[ 2008/06/24 20:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

交配に失敗した1ペア!

メダカ交配に、失敗は付き物!!

少し調子に乗りすぎて、成功例ばかり紹介している現実。

実は、失敗の方が遥かに多く、本日は交配に失敗した1ペアのお話と言うより、愚痴です。(>_<)

飽きもせず、F1販売を目指して約2ヶ月前から交配中のペア。

まずは、写真から紹介します。

DSC00200.jpg


オスは、琥珀では無く、漆黒黄金から生まれた点目漆黒琥珀ヒカリです。

メスは薄めの点目漆黒黄金ヒカリです。

産卵そして孵化も順調でした。(過去形)

何が失敗かと言うと、F1の体色がバラバラ!!

何故こんな事になるのか、F1には、黄金・琥珀・青・黄・アルビノ・白までもでてます。

F1販売どころではありません。

交配前の予想では、80%以上が黄金系でしたが、一番多いのがアルビノメダカが50%以上!!!

今シーズンは、何故か点目の交配でアルビノが多い。

だったら、○○さんに続けとばかりに、点目アルビノでも頑張ってみようと、大切に1匹づつお玉で掬って、点目から生まれた特設アルビノ水槽作りましたが、何だか怪しい感じのアルビノ数匹います。

現在オスの点目漆黒ヒカリメダカ、別の点目漆黒黄金ヒカリメダカと交配中。

また同じ結果にならないかと、心配しています。



一つ朗報です。

本日、琥珀セルフィンの稚魚選別の際、30~40匹中点目3匹発見しました。

セルフィンには、なっていなかったものの、琥珀セルフィン系を飼育中の方々へのご参考までに!

点目でありながら、点目で無いメダカと、まったくの同色です。

稚魚の扱いは、くれぐれもご慎重に。

もしかすると、点目琥珀セルフィン出てるかも知れませんよ。




[ 2008/06/19 23:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

背中が変わってる!

背中が変色した、1匹のオスメダカ?

実に奇妙なメダカです。

確か、昨年の秋頃見つけたメダカですが、最近まで病気だとばかり思っていました。

しかし、あまりにも元気が良いため、数週間前から、メス1匹と交配、すぐに産卵!!

どうも病気では無かったようです。

背中が変わったメダカの写真です。

背変色メダカ


別に、たいして変わったように見えないかも知れませんが、上から見ると・・・!

背変色めだか


別に光を当てて撮影している訳でもありません。

おまけに、出目ダカです。

何と言って説明すれば良いのか、悩みます。

とにかく、背中全体が光ってるのか?透けてるのか?単に色素が欠けただけなのか?よく分からないんです。

肉眼で見る限り、ヒカリにも見えますし、よく観察すると、背中の鱗が小さい感じがします。

実物を見た人は「何じゃこりゃ!!」と、驚きます。

万が一にも遺伝しないかと、現在点目ヒカリメス2匹と、欲張り交配中です。(^^ゞ

[ 2008/06/16 22:09 ] めだか写真 | TB(0) | CM(2)

お礼と、お詫び。

先日、2系統混合の朱赤系メダカ(楊貴妃)セット、販売と同時に沢山のご注文を頂き、すぐに完売となりました。

この場を借りて、お礼を申し上げます。

また、残念ながら、ご購入頂けなかった方々には、大変申し訳ございませんでした。

改めて、朱赤系メダカの人気には、驚きました。

今回、お断りしてしまった方、購入しようとしたけれど、既に完売になっていた方。

また、朱赤系のメダカの特売セット等、検討させて頂きますので、今しばらくお待ち下さい。


それから、今年は何故か産卵が思うようにいかない、産卵が持続しないと言ったお話を聞く事が多くあります。

たまに遊びに来られるFさんにOさん、昨日はYさん、今日は、2人のメダカ友達と電話でメダカ談義。

今年は、何か違う!産卵が持続しない!


休産しそうなメダカは食欲がなくなり、休産中のメダカの再産卵が近くなると、食欲旺盛になります。

以前は、食欲不振になると、産卵低下を予測し、高価なブラインを与え、食欲をそそる様にすると産卵が持続していましたが、ブラインは高価な上に手間がかかるので、私は現在使用していません。

休産したメダカの雄雌を、4~5日別離させると効果が期待できることがあると、カミさんが言っておりますが、どうなんでしょうか?

数日間、雌だけにしておくと、体調が整って、産卵したくなるんだとか・・・!

カミさんは、この方法で休産したメダカを、再産卵させたことがあると言っておりますが、単なる偶然のような気もしますね・・・!

これからが、メダカの本番。

子孫を残そうとする本能に任せ、産卵を待ちましょう。





[ 2008/06/13 22:32 ] めだか販売情報 | TB(0) | CM(3)

斑楊貴妃透明燐!

斑模様の楊貴妃透明燐の紹介です。

楊貴妃透明燐(斑)


紅白では無く、普通の楊貴妃透明燐から生まれて来ました。

このメダカも、成長するまで選別漏れの感じのメダカでしたが、日が経つに連れて、こんな感じになりました。

兄弟にも、数匹の斑模様の楊貴妃透明燐が出ていますが、全て模様が違って個性的です。

もう1枚、面白い角度から撮影できました。

楊貴妃透明燐斑


何だか、餌を求めてよって来る池の○○!

何?メダカじゃ無い!!

それじゃ、家の娘が金魚すくいで持ち帰った魚でも入れたんかな?

冗談です、冗談!

この種のメダカ、大きく成長するまで目が離せません。

今後、色んな模様のメダカが出てくるかも知れません。

近い将来、色模様でメダカの価格が決められる日が来るのも、そう遠くないかもしれません。

面白メダカを見つけ次第、紹介して参ります。(*^^)v

[ 2008/06/11 22:41 ] めだか写真 | TB(0) | CM(2)

覚えてますか?

皆さん、覚えておられますか?

3月14日のブログで紹介した、紅白(楊貴妃透明燐)のこと。

現在も、順調に産卵しています。

孵化した子達も、順調に成長しています。

体色が出るまでは、もうしばらく時間がかかりそうですが、この通称紅白の兄弟である、普通の楊貴妃透明燐の子に、数匹模様の違った紅白が出ています。

撮影でき次第、紹介して行きたいと思いますが、要するに朱赤と、白(正しくは銀色かも?)の斑のようなメダカです。

元々楊貴妃透明燐は、固体により、尾ビレ、背ビレ、尻ビレ等に、それぞれ異なった模様が出る物が多く、その延長により、体に異なる斑模様になった子が出るのでは?と、自分なりに推測しています。

メダカを色模様で識別できるようになると、面白いでしょうね。



それから、昨日○○さんから、珍種○△×メダカを頂きました。

○○さん、ありがとうございました。

とても不思議なメダカですが、飼育がすご~く難しそうなメダカなので、何のメダカなのか内緒にさせて下さい○○さん。<(_ _)>

頑張って沢山増やしま~す!

増えると良いんですが~!

増えてくれるかな~?

プレッシャーかかりますね~!

何はともあれ、頑張ってみます。(^^ゞ


[ 2008/06/09 22:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

販売予定のメダカ達!

今日は、予定外の仕事が増えて、大忙し!

何の仕事かって・・・?

それは、お玉じゃくしの選別・・・!!!

気が付けば、あっちもこっちも、お玉じゃくしが孵化ラッシュ(>_<)

しかも、メダカよりも数段と成長が早いんです。

たまたま、近くを通りがかった親戚のおばさんに、お手伝いしてもらい、2人で、メダカ掬いならぬお玉じゃくし掬い。

その数推定500匹!何処から来たのか、メダカも自然と沸いて出てくれば楽なんですが・・・(^^ゞ



それでは本題に移るとして、今後の販売予定のメダカの紹介を少し!

以前、私撮影のピンボケ写真で紹介した、点目パンダメダカ。

カミさんが撮影してくれまいた。

「販売ラインに乗せるから!」と言ったら、直ぐに撮影してくれました。(^^ゞ

点目パンダ


そして、交配相手の点目透明鱗ヒカリメダカです。

点目漆黒黄金ヒカリ


F1で、ヒカリも確認できています。

何故か、中に1匹だけセルフィンも出ています。

近くF1販売を予定しています。


そして、もう1枚琥珀透明燐(少し短め)です。

琥珀透明鱗


このメダカも、近く販売ラインに載りそうです。

勿論、ヒカリも出ていますが、体色遺伝率が90%位まで高くなりました。

何故、ここまで遺伝率が高くなったか説明しますと、ただ単に、背曲がりがあまりにも多く出ていて、体色を固定すると言うより、背曲がり遺伝を取り除くための交配を繰り返している内に、体色遺伝率が高くなった様です。

現在Sサイズの子達、背曲がりも随分と少なくなりました。

ホッと、一安心です。

ちなみに、この琥珀透明燐×(点目琥珀ヒカリ×琥珀セルフィン)のF1が産卵始めました。!(^^)!








[ 2008/06/06 23:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

卵と、お玉?

先月末から、一部メダカの卵販売を始めました。

お客様のご意見を参考にさせて頂き、卵販売スタートしましたが、予想以上に好評です。

卵が、あっという間に・・・と言いたいところですが、ここ数日の悪天候、産卵率が低下してしまいました。

完売の卵、しばらくお待ち下さい。<(_ _)>



何故か、卵で思い出しました。

何処からやって来たのか、大量のお玉じゃくしが稚魚水槽に湧いています。

紛らわしいですね~!一瞬、ダルマメダカだと思いましたよ!!

蛙が卵産んでたんですね。

今までこんな事は度々ありましたが、困ったことに家のカミさん、蛙が大の苦手!

たとえそれが、可愛い?お玉じゃくしでもダメ!!

しばらく、手伝いは期待できそうにありません。

お玉じゃくし、もう少し大きくなって、自然に帰してあげる事にします。(^_^)/~





[ 2008/06/04 19:48 ] めだか販売情報 | TB(0) | CM(2)