分かりませーん!

昨日の寒さに、耐え切れなかったダルマメダカの擁護中、1本の電話。

「メダカを注文したいのですが、学名で、ORYZIAS JAPANESE 何とか間とかRICEFISHを、お願いしたいのですが・・・。」


何々?オリジアス何とかジャパニーズ何とか???


「まったく分かりませんが、どの様なメダカですか?」

「フランスで、販売されている日本メダカですが、そちらにありませんか?」


何々?フ・フ・フランスで販売されている日本メダカ???


ますます分かりません。(・・?

実は、悪ふざけの電話ではなく、大変紳士的な方で、真面目にこのメダカを探して居られ、私も調べてみて、何か分かれば、連絡しますと受話器を置きました。

それにしても、フランスで、日本メダカの販売が行われていると言う事には驚きです。

少し調べて見ましたが、海外で、日本メダカの販売が、実際に行われているようです。


国際的人気ペット?日本メダカ!


でも、良く考えてみると、逆輸入されて来る日本メダカに、外来種の遺伝子が紛れ込んだりしないのか?

以前、メダカ界に衝撃を与えた、蛍光メダカ等など、反則は、絶対にダメ!


【自分は、日本メダカしか飼育しない】
と言う、こだわりをモットー

に、メダカ作りを楽しみたいと、思います。(^_^)v



[ 2008/01/30 18:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

失敗!目標①

1月2日の記事で、「目標①点目漆黒メダカの固定に挑戦!」と、書きました。

とりあえず、一つの方法は、早くも失敗しました。

方法は、点目漆黒メダカと、そのF2(孫)メダカに生まれた、そっくりな点目漆黒の交配です。
(そっくりな、お爺ちゃんメダカ×孫メダカ)と、言った方が分かりやすいですね。

私の20年来の友人の、武ちゃん。

10年以上前から、昆虫のブリードにズッポリ。

長く生きる大クワガタ虫等は、この方法で、あごの良い形のクワガタ虫を固定するのだとか?

「騙されたと思って、メダカも試して見れば・・・!」と、武ちゃんの言葉を信じたのに・・・!

点目漆黒メダカ同士の交配で・・・???

子供が何で、全部アルビノなんじゃ~!!!


[ 2008/01/28 00:30 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(0)

琥珀メダカについて。

先日、神奈川県のYさんから、暖かい応援メッセージを頂きました。

甥っ子も、照れくさそうに喜んでいました。

ありがとうございました。


本日は、いつもメダカ友達のOさんと議論が絶えない琥珀メダカについて少し。

我が家の琥珀メダカを大きく分けると、2つの系統に分かれます。

違いは何か?と、言うことですが、両方共90%の体色固定率と仮定した場合、10%は、どうなるのか?

一つは、頭と尾ビレが薄い琥珀色が、かかった青系メダカが生まれてきます。

この青系メダカ同士を交配すると、子は全てただの青メダカになってしまいます。

もう一つは、黄色が、かかったメダカ(猩猩緋や楊貴妃の様な体色のメダカ)が生まれてきますが、この黄系メダカの交配においては、子には、ほとんど遺伝します。

実は、猩猩緋メダカもこの系統の中から生まれた、体色の良いメダカを元に、交配したメダカです。


見た限りでは、体色に変わりない2系統の琥珀メダカですが、何故この様に、違う体色のメダカが生まれて来るのでしょうか?

琥珀メダカは、黄金メダカを交配していると、何時しか生まれてくる、メダカです。

我が家の、通称ゴチャルーム(色んな種類のメダカをゴチャ混ぜにした水槽)から、黄金色のメダカが生まれてきます。

その黄金色を、良く観察すると、青(パール)と黄色が混ざり合い、薄い緑黄色に見えるメダカと、茶色と黄色が混ざり合った様な、金色に近いメダカがあります。

実は、ある人から聞くまでは、茶メダカだとばかり思っていましたが、、後にこのメダカが、黄金メダカだったと言うことが判明しました。

どちらも、中間色と言えるメダカですが、このメダカを交配することにより、我が家にも琥珀メダカが生まれてきました。

憶測ですが、どちらの系統も固定率を高めるため、交配を重ねましたが、青系メダカの出る琥珀の元は、緑黄色の黄金から生まれたメダカ。

黄系の出る琥珀は、金色に近い黄金から生まれたメダカ。

どちらも、なごりを残しながら、進化したのかも知れません。

しかし、最近、青系と黄系、どちらも生まれてくる琥珀メダカが現れました。

Oさん!これはどう説明すれば良いでしょうか?

またまた悩んで、眠れなくなりそうです。(@_@。


[ 2008/01/26 19:15 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(0)

メダカに興味を・・・!

たまに手伝いに来てくれる、もうじき18歳になる甥っ子の良太君。

風邪で寝込んでいたため、今日久しぶりの手伝い。

今日は、雪が降ったり、止んだり、時々陽が射したりで、ビニールハウス内では、上着を着たり、脱いでみたり。

実は良太君、中学校の時、不登校になってしまい、その後引きこもり状態になっていました。

両親の心配は、図り知れませんでした。

私は以前、都内の某中学校の、校長先生から、「不登校生徒の教室に、メダカを飼育してみようと思うのですが。」と、お話があり、数匹のメダカを送ったことがあります。

最初は、半信半疑ながらも、先生の温かい気持ちに、心打たれた事を憶えています。

今でも時々お話していますが、先生の熱心な気持ちが伝わったのか、その後メダカを楽しみに登校してくる生徒さんも居られるようですし、何よりも先生ご自身が、メダカにズッポリとはまってしまわれたご様子。

良太君も、メダカに興味を持ち始めた観もあり、近頃では、自分から進んで手伝いに来てくれる様になりました。

良太君「おっちゃん、忙しい時は何時でも呼んでね。」

「そんなに給料払えるようなお金、おっちゃん持ってないよ。」

と、何気ない会話しながら、夕暮れを迎えました。


点目だるま

しつこい様ですが、点目って本当に優雅ですね・・・(*^_^*)

[ 2008/01/24 20:52 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(0)

大丈夫!大丈夫!

昨夜は、歯の痛みで一睡も出来ないまま朝になりました。

今は、大丈夫!治療中の奥歯の仮歯が、砕けていただけでした。

歯医者さんに行って、痛みから解放されました。(*^。^*)


話変わって、私の家から北に車で走ること30分、私の母の弟!つまり私の叔父さんの家があります。

庭に、小さなビニールハウスがあり、水は地下水です。

ちょうど1年前、「メダカのブリーデングに協力してあげよう。」と、我が家に居た半分のメダカを大移動。

中には、貴重種も幾つか紛れ込んでた様な記憶が・・・!

最初は、叔父さんも、仕事の合間を見ては、一生懸命メダカ飼育に専念。

しかし、元々生き物飼育の経験も無く、メダカに興味があった訳でもなく、何よりも時間が無い。

近頃会ってもメダカの話題は、ほとんど無くなってしまいました。

「家の水は、鉄分が多くてメダカ飼育に向いてないんだろう。」と、叔父さん。

まあ私も、全然顔出しませんでしたから・・・!

昨年夏は、記録的な猛暑。

メダカ飼育、大変だった事でしょう。

私に、協力してやろうと思ってくれた気持ちだけで、十分です。

気にしなくても、大丈夫ですよ、叔父さん。



点目ピュアホワイト

点目って、優雅なメダカですよね。

何だか眠くなってきました・・・!

[ 2008/01/22 18:47 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(1)

あっ!痛・・・!

メダカ選別時に、突然ゴキッ・・・!

エッ!何?

何か、口の中で、ゴロゴロ・・・?

痛みが、じわじわと・・・!

昨年の夏から、治療中の左上の奥歯が、根元から・・・痛!(>_<)

実は、かかりつけの歯医者さんから、以前「あなたの奥歯に大きな負荷がかかっている様に見受けられます。夜歯ぎしりが、酷いのでは?」と、言われ、歯ぎしり防止用のマウスピースまで作っていました。

妻に聞いても、「歯ぎしり?そんなこと無いよ。」


今日、メダカを選別している時に、思いっきり歯を食いしばっていることに、気付きました。

知らないうちに、そんな癖が付いてたんですね。

気付いたけれど、もう遅い。

アレですよ!スポーツ選手が、歯を食いしばるため、奥歯がガタガタになってしまうとか・・・?


メダカの選別に夢中になりすぎが原因で、歯が折れた!なんて、誰にも言えませんよ。(/_;)





[ 2008/01/21 23:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ダルマメダカ、一時完売について。

大人気のダルマメダカと、ヒカリダルマメダカの販売を、一時中止しました。

理由は、完全冬眠に入ったため、輸送に適さない事と、到着後の飼育に、大きなリスクが伴いますので、ダルマメダカご希望の方、温かい春がやって来るまで、しばらくお待ち下さい。m(__)m



1月3日の記事のメダカ、綺麗とは言えない紫がかった透明鱗(トウメイリン)メダカ。

写真を撮影しましたが、何故か見た目の色に写りません。

別にどうって無い感じのメダカに、写ってしまいますが、とりあえず、こんな感じです。(*^_^*)

DSC00144.jpg






[ 2008/01/20 15:09 ] めだか販売情報 | TB(0) | CM(0)

福の神!

一昨日、久しぶりに友人Oさんと再会。

不思議な事に、今までOさんと会った後は、必ずメダカの注文が・・・!

この寒い季節に、偶然か?本当に福の神なのか?今回も、またまた(@_@)


あるお客様から、「自力で、点目メダカ作りに挑戦したい。」と、相談され、何とかお役に立てればと、特種な遺伝子を持つメダカを、送らせて頂きました。

目指すメダカが生まれたて来た、との報告を待ちたいと思います。


また、「同じメダカ10匹も、要らない。」との、ご要望が多いため、ショップ内の限定販売コーナーの数種類を、セット販売から、単品販売に切り替えています。

リスクを伴う、冬場のメダカ購入。

販売する方は、より慎重にメダカを選別しなければいけない義務があります。

感謝!感謝!です。(*^_^*)


                                    【メダカショップ・せせらぎ】
[ 2008/01/19 17:43 ] めだか販売情報 | TB(0) | CM(0)

楊貴妃透明鱗!

3年ほど前だったでしょうか?

2ペアの楊貴妃メダカを購入しました。

夢中で飼育していましたが、ダルマの出ない系統だったので、いつしか卵の採取もやめ、現在数匹を、ハウスの片隅で飼育しています。

我が家には、(自力で作り出した?)と、言うより、ほとんど偶然、あるメダカの交配により、出て来た猩猩緋(ショウジョウヒ)メダカが居ます。

ダルマも良く出てくるので、現在このメダカに力を注いでいます。

ところで、楊貴妃と猩猩緋、どう違うのか?自分でも良く判りません。(・.・;)

しいて言えば、楊貴妃の方が体色の出が若干早い?

猩猩緋の方が、寒さに強いと言うか、我が家のメダカの中でも、かなり寒さに強いメダカです。

メダカの識別に悩む私に、以前メダカ友達から、見解を頂きました。

「猩猩緋を、夕暮れ時に観察すると、体色が赤黒く見える。」!!!

おおー!そう言われると、確かにそう見えるような感じが!!!

大変貴重な、ご意見でした。

自分で作っておきながら・・・なんとなく納得。(*^。^*)


本日の写真。

私は、知りませんでした。

妻が、我が家のベランダで、密かに作っていた事を!

ヨウキヒ透明鱗

楊貴妃透明鱗メダカです。

「猩猩緋じゃないよ。猩猩緋交配してないよ。楊貴妃よ。楊貴妃だからね!」と、妻に何度も釘を刺されました。

現在ハウス内で飼育中です。

体色、遺伝率、共に良好で、妻に脱帽です。


                                       【メダカショップ・せせらぎ】


[ 2008/01/16 20:08 ] 特殊なめだか | TB(0) | CM(0)

通称セルトン!

私が今夢中になっているメダカ、透明鱗セルフィン。

透明鱗は、スケルトンとも呼ばれています。

したがって、自分勝手にセルフィンのセル×スケルトンのトンで、セルトンと、呼んでます。

数日前、何気なく稚魚を眺めていると、1匹の点目透明鱗ダルマを見つけ隔離。

今日、少しは大きくなったかな?と、思って確認。

ビックリ仰天!!!なんと、セルフィン\(^o^)/

フルネームで言うと、点目透明鱗セルフィンダルマメダカ!

略して点目セルトンダルマ!!!

「何とも欲張りなメダカなんだろう。」と、思いながらも、我が家では、初めてのメダカです。

まだ、体長1cmに満たない大きさで、温かいヒーターの効いた水槽の中。

写真撮影は、もう少し大きくなってから、と言うことで、今回は、その子を産んでくれた親メダカの写真だけです。あしからず!m(__)m

産みの親(メス)です。
セルトン


産ませた親(オス) 2匹は、兄弟メダカです。
点目黄金透明鱗ヒカリ




追記!
近頃、メダカの病気(尾ぐされ病・水カビ病・白点病)にお悩みの方々からの、ご相談が大変多くございます。
飼育環境をお聞きする限り、常温で、室内飼育されている方に多いようです。
日当たりの関係や、水温と細菌の活動が活発になる温度との関連等が考えられます。
尾ぐされ病・水カビ病・白点病は、直る病気です。
まずは、水換えし、メチレン等の投薬をお勧めします。
飼育水に粗塩を入れ、0、2%~0、5%位の塩分濃度にすると、治療効果がある様ですが、病状が酷い場合は、投薬した方が良いと思います。
またヒーターを使用して、水温を上げると、病気も出にくくなる様です。



[ 2008/01/15 16:24 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(0)

原種色のダルマ?

本日の夕方、簡単な様で、難しいメダカのご注文!

「原種に近い体色のダルマメダカがあれば、送って欲しい。」と、電話がありました。

原種色?茶系?青系?

メダカは、元々生息地により、少なからずも体色が異なっているはず。

「たしか、我が家に、ずっと前に知人から頂いた、2種類の天然のメダカがいたはず。」と、思い出し、自宅に帰り、体色の確認。

一つは、川の名は言えませんが、山口県産のメダカで、体色は、濃いこげ茶色。

もう一つは、島根県の某湖産のメダカで、体色は、薄黒(青系)。

天然物、しかも隣県のメダカで、体色が全然違う。\(◎o◎)/!

ホント不思議ですよね~!見比べて、そう思いましたよ。

ところで、どっちの原種に近い体色のダルマを送れば良いのでしょう・・・か?((+_+))




[ 2008/01/13 21:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

嫌な天気!

今日は、朝から曇り空で、お昼頃からポツポツと雨が降り始めました。

天気予報は、明日も雨。

何が嫌なのか?と言いますと、陽があたらないと、ビニールハウス内も寒いこと。

特に、ヒータのサーモスタットの灯りが、一日中点いたままで、電気のメーターを見ると、超高速回転!(@_@)

電気代が心配!と、思いつつも、今日もヒーターを一つ追加。

当然これからも、仕方なく徐々にヒーターは、増えて行く予定。

勿論、メダカも増えて行く予定です。


ところで、Fさん、昨年末にサーモスタットの故障で、水槽がに・・・!

一つの系統が、全滅してしまったそうで!!!

残念でしたね~!可愛そうでしたね~!(T_T)

元気出してください。

以前分けて頂いたのが、ちゃんと増えてます。

持ち帰り出来るまでに成長してますので、暇な時に寄ってください。(^_^)/~


                                     【メダカショップ・せせらぎ】ホームに戻る


[ 2008/01/11 17:25 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(1)

アルビノ猩猩緋(ショウジョウヒ)メダカ!

現在、数多くのメダカを飼育してますが、中でも一番飼育が難しいと言えるメダカ、アルビノ猩猩緋(ショウジョウヒ)メダカ。

何が難しいかと言うと、我が家のメダカの中でも、稚魚時代の生存率がワースト1位!

元々アルビノ自体、あまり丈夫なメダカではありませんが、アルビノ猩猩緋と比較すると、普通のアルビノが、強健なメダカだと錯覚してしまう位です。

そもそも、アルビノ猩猩緋は、猩猩緋メダカから生まれて来たメダカです。

今から2年ちょっと前頃、やはり冬場の飼育でした。

猩猩緋メダカから、突然数匹のアルビノが生まれてきました。

始めは、アルビノの卵が紛れ込んだのか?と、思ってしまいましたが、その後もポツリポツリと、生まれ、生き残ったアルビノ数匹が、大きくなるにつれて、アルビノとは思えない様な、体色が出てきました。

その後、産卵、稚魚の孵化も順調で、別に何も気に留めていなかったのですが、何かおかしい?

アルビノの、稚魚時代の弱い事は解っていましたが、稚魚が孵る端から稚魚が居なくなります。

一週間に100匹稚魚が孵ったとしても、生き残るのは、5~6匹程度!

こうなると、意地になってしまい、取れる限り卵を採取し続けました。

一つ驚いたことは、生存率は低いけれど、今のところ遺伝率が100%だと言うこと。!

里子に出て行った者もありますが、現在ダルマも含めて、100匹程度の猩猩緋アルビノが、なんとか元気に泳いでます。

難しいからこそ、飼育に挑戦してみたいメダカです。

アルビノ猩猩緋(ショウジョウヒ)

ちなみに、現在交配中の猩猩緋透明鱗(スケルトン)から、アルビノらしき稚魚数匹を、確認しています。

元気に成長してくれるのか、期待と不安でいっぱいです。

[ 2008/01/08 18:10 ] 特殊なめだか | TB(0) | CM(0)

メダカ購入の一つの方法。

いつも自問自答する事。

メダカを購入する際、購入者が何を望んでいるのか?


当然の事ながら、体色体型は第一ですが、ある方から、「ダルマが嫌いなので、ダルマの出ないメダカをお願いします。」

また、ある方は、「ダルマは、高価なので、ダルマが生まれる普通型メダカを。」と、希望を寄せられる方も。

販売業者の立場だと、出来れば高価なメダカを販売したいのが本音と言ったところでしょうか。?

しかし購入者の立場で考えると、鑑賞目的や特別な種を除いたとしても、「子に、自分が求めるメダカが確実に生まれて来る事が解れば、無理に高価なメダカを購入しなくても良いのだけれど。」と、言った意見もあります。

確かに、そのとうりだと思います。
自分でも以前メダカを購入する際、あまりお金がかからない様にと、そうしていましたので。
《トンビが鷹を産む》ならぬ、鷹を産むトンビを、入手するのも一つの方法です。


購入店を、どこまで信用できるのか?と、言う事もありますが、メダカを購入する際、ダルマ、ヒカリダルマも生まれるメダカ、点目の遺伝子を持つメダカ等と希望されると、ほとんどのメダカやさんも、その様に対応してくれるのでは、と、思いますヨ。

メダカ購入時、参考の一つとして・・・!(^_^)/~




[ 2008/01/06 19:12 ] めだか販売情報 | TB(0) | CM(0)

通称【ゴチャルーム】

過去、多くの珍種メダカを生み出してきた一つの水槽があります。

色んな種類の水槽から、数匹づつ寄せ集め、飼育している水槽、我が家で、通称【ゴチャルーム】と呼んでる水槽です。

点目メダカを始め、セルフィン、黄金、琥珀、尾鰭が二つに分かれた金魚みたいなメダカ(遺伝しませんでしたが!)等など、ココから生まれて来たのが始まりでした。

要は、適当に色んな種類のメダカを、ゴチャ混ぜに飼育していた水槽から、体色や形の変わったメダカが、偶然生まれて来ただけで、後は、固定率を上げるための交配を、重ねるだけ。

でもこんな横着な方法で、いつまでも新色のメダカが出てくるとは、考えられません。

とは言いつつも、多少希待しつつ、今シーズンのゴチャルームは、例年よりも多い種類のメダカを、ゴチャ混ぜにしています。

話が変わりますが、年末に某メダカやさんに見てもらいたいと、送ったメダカがありました。

ピンクに薄い紫色が、かかった様な体色の透明鱗(トウメイリン)メダカです。

確かに過去にない体色してますが、「綺麗ですか?」と、聞かれると、「ウ~ム・・・???」と言う感じ。

しかーし!本日連絡がありました。

某メダカやさん《数人のお客さんが、「変わったメダカですね!」と、言われ、完売しました。》

えっ!と思い、在庫確認。

良かった!数匹残ってました。

写真ですか?

あまりパッとしない様に思えたので、まだ撮って無いんです。

もうしばらくお待ち下さい。<(_ _)>



[ 2008/01/03 20:53 ] めだか飼育の日記 | TB(0) | CM(0)

ねずみ年になったけれど・・・!

謹賀新年。

皆様、良い年を迎えられましたか?

今年もよろしくお願いします。

実は、新年早々4歳の娘が、高熱を出してしまい、元旦から救急病院に行くはめになってしまいました。

お正月と言うことで、病院内は、患者さんでごった返し、蔓延したウィルスの中、4時間。

なんだか、元旦早々気が重く、参ってしまいそう。

しかし、こんなことで挫けてなるものか!

と、自分に言い聞かせ、家に帰り、メダカ飼育場へ今年最初の餌やりに行きました。

今年の目標①

DSC00132.jpg

このメダカの固定化に挑戦?というか、ある交配方法で、固定できるかもしれません。?

とりあえず、その状況がそろったと言ったところでしょうか。

他の生き物もある方法で固定された物が多く居るそうですが、今のところ秘密と言う事で、何かとは言えませんが、これからの交配で、答えが出るはずです。

上手くいった暁には、全ての経緯をお話します。

ちなみに、以前ダルマメダカを固定しようと思い、同じ要領で、交配しましたが、極端に短いダルマの卵が、全て無性卵になってしまい、失敗をしています。(;_;)

今年の目標②

独自の発送で新しいメダカ(新種)作りに挑戦する。

過去、点目や猩猩緋(ショウジョウヒ)等は、正直偶然出来たメダカと言ったところ。

現在まだどこにも無いようなメダカが数匹おり、後は固定化次第のメダカも・・・!
 
今年の目標③




最後におめでたい写真を1枚

点目黄金ヒカリ半ダルマ(チョッと出目)
20080102032945.jpg





[ 2008/01/02 03:34 ] めだか写真 | TB(0) | CM(0)